年齢とともに気になり出したコレステロールと生活習慣

若い時は、コレステロールなど気にすることなく、好きなものを食べ、好きな事だけを楽しむような生活をしていた私。

しかし、年齢を重ねるにつれ、今まで通りの生活習慣では、病気になってしまうと医師に言われた私。

その為、一念発起として、今までの生活習慣を見直す事にしたのです。

まずは、飲酒、喫煙。

これに関しては、数年前に禁煙に成功している為、セーフ。

飲酒に関しても、毎日飲んでいるわけでもない為、Okとします。

これ以外にも気になるのが、コレステロールの過剰摂取。

コレステロールの過剰摂取により、動脈硬化や脳卒中などの病気が心配になってきます。

今まで好きなものを好きなだけ食べてきた食生活を見直し、肉中心の生活から野菜類中心の食事レシピに変更したのです。

このような食事の改善は、すぐに効果を期待する事は出来ないのかも知れません。

しかし、これを1年間続ける事で、次の健康診断の際には、コレステロールの値など少しは軽減させる事ができるかと思い、根気よく続ける事に決めたのです。

今ずぐ、生活習慣を見直さないと命にかかわるような事はないものの、やはり、これらは、早め早めの対策が一番かと思います。

これらの食生活の見直しと並行し、出来る限りではあるものの運動も行うようになった私。

お蔭で、自然と運動不足の解消とともにダイエット効果も表れ、健康的に痩せる事ができたのでした。

なので、今から、この努力が報われる次の健康診断が楽しみな私です。

コレステロールを下げるために食事と運動に気を使っています

主人が会社の健康診断でメタボリックシンドローム予備軍と診断されてきました。

主人は48歳で、中年なりに多少お腹は出ていますが、太っているというほどではないのでビックリしました。

本人の説明では、肥満は許容範囲だけれど、コレステロールの数値が高いので予備軍に入れられたとのこと。

まあ、確かに若い時からコレステロールの数字は高めでした。

主人の両親は70代でやっぱりコレステロールが高く、ふたりとも数値を下げる薬を飲んでいます。

なので遺伝なのかなと思い、他は健康だし主人も私もあまり気にしていませんでした。

主人は会社で強制的に食事と運動の指導を受けさせられることになりました。

プロの栄養士さんが直接指導してくれるそうで、主人は面倒くさがっていましたが、私はいい機会だと思い、家での食事にもっと気を使おうと思いました。

それまで主人のお昼ご飯は外食が多く、カツ丼やラーメンなど炭水化物多めのメニューが多かったようです。

なので毎日お弁当を作って持たせることにし、できるだけ野菜を入れるように工夫しました。

コレステロールの多いものを食べ過ぎないのも大事だけれど、野菜をたくさん食べて食物繊維を摂るようにと栄養士さんに指導されたからです。

食物繊維は余分なものを身体の外に排出してくれるので、コレステロールを下げるのにも良いそうです。

運動の指導もあって、休みの日などに主人が積極的にウォーキングに行くようにもなったので、野菜多めの食事とあわせて、1ヶ月で自然に2kgくらい痩せました。

まだ生活改善の途中ですが、主人も体調が良いらしく、次の健康診断で良い結果が出るのを目標に毎日頑張っています。

最近は勉強のために↓のサイトを熟読しています。
コレステロールを下げるためのサイト

アーカイブ

カテゴリー